アクセスカウンタ(2010.4.17-)
プロフィール

坊主頭チビ

Author:坊主頭チビ
ちびです。坊主頭です。
お金をかけずに、手間暇かけてエビの飼育を楽しみたいと思います。
コメント、リンク大歓迎です。

※どうぶつ村とは※
我が家のペット部屋の愛称です。
エビ、魚、ウサギ×1、モル×4、ハム×2がいます。

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
どうぶつ村のなかまたち
もちこ

あずき(2010/9/11里子に出ました)
P1300760resize.jpg
ふうた
CIMG8423resize.jpg
はなこ(2010/10/31里子に出ました)
CIMG8091resize.jpg

赤ちゃんモルたち
 みゅう♀(2010/10/2里子に出ました)
CIMG9663resize.jpg
 チョコ♂
CIMG9666resize.jpg
 ハク♂
CIMG9669resize.jpg

ハムスターたち
ねこ
CIMG8871resize.jpg
くま
CIMG8667resize.jpg
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ジオターゲティング

ジオターゲティング
立上げ履歴






--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.29    カテゴリ:  アクア 

   えび紅蓮さん仙台へようこそ

今日は、私がブログで仲良くさせて頂いている、兵庫県にお住まいの「えび紅蓮」さん(ブログはココ)と仙台でお会いしました。
この方のご実家が私の住んでいる宮城県の隣の、山形県で年末に帰省されているところを、なんとか日程を調整して頂きお会いすることができました。
奥様と、ご友人の坊主さんの3人で起こしになりました。坊主さんは、私と髪型が似ているため親近感がわきました。お三方とも、とても気さくで話しやすく、会ってすぐに親しみのわく素敵な方でした。
特に、奥様は、ものすごい美人です。モザイクを入れなくてはならないのが残念でなりません。
えび紅蓮さんのブログでお見かけしてから、モザイク越しに美人の匂いがプンプンしていたのですが、私の目に狂いはありませんでした。

さてさて、前置きはさておき、
仙台は、エビ専門ショップが2つしか無いのですが、今日はそのどちらともご案内させて頂きました。

↓こちらが、エビを始め生体から用品まで何でも揃う総合アクアショップのROSSOです。
左から、えび紅蓮さん、奥様、ROSSOの山口社長、私です。
坊主さんは、カメラマンなので写っていません><
山口社長がだっこしているぬいぐるみは、生きています(爆)
P1390051r.jpg

ROSSOでは、店長のパチさんに1時間も色々とお話を伺いました。
さらに、山口社長は、遠いところお越しになったとの事で、ROSSOオリジナルPREMIUM FOODをお土産に頂きました。私までついでに頂いてしまい申し訳ありません。

次に、ROSSOより車で10分程度の場所にある東北が誇るブリーダーの「紅蜂シュリンプ」さんの直売所にお伺いしました。ここでは、エビRさんと待ち合わせの予定となっています。
今更ですが、紅蜂さんはブリード用の90cm水槽が200本近くあり、圧巻です。
鳥肌が立ちました。
照井工場長さんにお願いして、直売所の奥にある、その200本のブリードルームを見学しながら、ブリードに関する色々な事を教えていただきました。
さすがに、TOPブリーダーさんの、経験から積み上げた理論と言うか、実験と検証から得た知識には目からウロコです。
私のTOP水槽も、近々中身を入れ替える事になりそうです。
見た目だけではないプラスアルファがグレードを上げる秘訣なのですが、惜しげもなく教えて頂けました。

200本ある、水槽には1本ずつ立ち上げ日が書いてあるのですが、下の写真の水槽にはリセットと書いてありました。この爆殖状態なのにリセット???しかも、個体のレベルが異常に高い!!
もちろんすぐに、ここぞとばかりに質問してみました。
この水槽は5月に立上げ、親エビを約20~30匹で出た稚エビが、成長するのを待っているとの事。
販売後にはリセットするのだそうです。良く見れば、親エビがいません。親エビは既に他の水槽に移動したそうです。写真だと、大きさがわかりにくいのですが、大きくても1.5cm程度の個体です。
私なら、こんな調子が良さそうな水槽をリセットするなんて考えられないのですが、やはりTOPブリーダーはレベルが違います。きっと、数ある紅蜂水槽のなかでは、終わりが近づいた水槽なんでしょうね。
P1390053r.jpg

このレベルまで、えびをブリードするためには色々な秘訣があるのでしょうが、とにかく鬼の選別をしているということはわかりました。グレードの低い個体は、徹底的に抜く。グレードの低い個体の血は、水槽の中に残さないようにしているそうです。
それと、こんな話も聞けました。模様(柄)はあとでどうにでも作り出せるので、殻の厚い個体を残すそうです。
柄は、♂モスラを掛けあわせればすぐになんでも出るけれども、殻の厚みは簡単には出ないとの事でした。
まさに、そう。なるほど納得です。
これらの事を、休まず、継続しつづけなければ、あれだけの個体にはならないとのことなんですね。
他に、立ち上げ時には水質は測定するのか質問したところ、水をみればエビを入れるタイミングがわかるので測っていないとの事でした。う~ん、私には怖くてできませんが、さすがに日々の鍛錬で照井工場長には見えるんでしょうね。
これほどの方でも、部屋の片隅に実験用の水槽があり、さらにブリードの実験をしていました。恐るべし向上心。

私も、やる気が俄然湧きました!!
私も、いつの日かブリーダーと呼ばれるように、日々厳しい選別を実施したいと思います。


えび紅蓮さんの、仙台道中記が思わず脱線してしまいましたが、紅蜂の照井工場長のお話はそれほど衝撃的でした。

今回は時間の関係で、私のえび部屋をお見せできなかったのですが、次回、機会があれば我が家にも是非ご招待したいと思います。

本日は、ROSSOの皆様、紅蜂直売所の皆様、エビRさん、そしてえび紅蓮ご一行様、楽しい時間を過ごす事ができました。どうもありがとうございました。

皆様、仙台にお越しになる場合は、是非お声をお掛け下さい。


↓私も各地のエビめぐりをしてみたいなぁ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2010.12.29    カテゴリ:  アクア 

   GHを測定してみた

桜心夫さんのブログ記事「連載 『えび飼育の心得』 NO.3 by 桜心夫」の中で、硬度が低く増えない時期があった言うのを見て、私も久しぶりにGHを測定してみました。
試薬は、テトラのGH用(液体)です。

画像はありませんが、
私のエビ水槽4本の測定結果は次のとおりです。

GHが多い順に

GH8・・・選別漏れ60H水槽
GH5・・・中間用 40規格水槽
GH4・・・TOP赤足30キューブ水槽(立ち上げ中)
GH3・・・TOP白足30キューブ水槽

肝心の稚エビの増え具合ですが、GHの多い順番と完全にリンクしました。
我が家の環境では、GH8の選別漏れ水槽が、一番稚エビの増え具合が良いです。

ここで考えます、GH9の方がよいのか、それともGH7の方が良いのか。
こればかりは、実際に硬度を調整して検証するしかなさそうですが、少なくとも感覚的にはGH5よりも、GH8の方が増える気がします。

ちなみに、GH3のTOP白足水槽は、現在10匹中、♀が3匹おり、その3匹とも抱卵中です。
孵化するまでに、硬度を上げておいたほうが良さそうな気がしてきました。

さて、どうやって硬度をあげるか。また、考えることが増えました。
エビはフィーリングと、科学的検証の両輪がシンクロしないと前に進まないようです。
エビって楽しい!!


明日は(ってもう今日になってますが)、えび紅蓮さんが、兵庫から帰省しており、なんとか日程を合わせていただけたので、仙台エビ巡りにご案内する予定です。
といっても、仙台にはエビ屋は2軒しかないので、あっと言う間に終わってしまいますが、楽しみです。
ROSSOと、紅蜂シュリンプ直売所に行ってくる予定です。
それと、時間が許せば、私のエビ部屋にもご招待したいと思います。

いずれ記事にしたいと思いますので、お待ちください。


↓エビを通じて、日本全国に友達が出来たような気分です。ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

2010.12.23    カテゴリ:  アクア 

   自家栽培ほうれん草を与えた(動画)

今日、冷凍庫の中に、春に作ったほうれん草がタッパに入って冷凍になっているのを発見し、久しぶりに与えてみました。
完全無農薬で、窓際で室内栽培しているので品質には問題ないのですが、葉っぱが小さいです。
ベランダえびさんの、水耕栽培にも挑戦したいのですが、なかなか重い腰が上がりません。

こちらは、選別漏れ水槽です。



こちらは、メイン水槽。(TOP水槽を立ち上げたので、今後は中間グレード水槽と呼びます)




↓明日はクリスマスイブ。プレゼントはもう用意しましたか?
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

2010.12.22    カテゴリ:  アクア 

   赤足用TOP水槽パイロット投入しました

前にTOP水槽を赤足用と、白足用と2つに分ける記事を書いたと思いますが、後から立ち上げた赤足用に本日パイロットのビーを10匹投入しました。

まだ立上げ15日なので水質も安定していないし、バクテリアの定着度も低いのは分かっているのですが、ある程度生体を投入しないと水も出来てこないのも確かなので、選別漏れ水槽からさらに選別漏れとなったスケスケビーを10匹掬って投入しました。

グレードが低い分体力もありそうなので(多分)なんとか水が出来るまでせっせと糞をして、ソイルをこねくり回して、スポンジフィルターもツマツマしてくれるのを期待しています。

↓右側が、既に立上げ3ヶ月経過した白足TOP水槽で、左側が赤足TOP(立上げ中)です。
P1380994r.jpg

↓パイロットとして投入したのは、こんなワイルドな感じの奴等です。ハサミまできっちり撮れました。
P1390010r.jpg


↓あの小さなハサミがチョキチョキ出来るのは、やはり筋肉があるからなのか???
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

2010.12.19    カテゴリ:  アクア 

   選別の難しさ

私も、良いエビを目指して選別などしたりしていますが、選別漏れ水槽の中で産まれた稚エビに良い個体が出たりすると、選別は難しいなぁとひしひし感じます。
つまり、良い遺伝子を持った個体を、見た目だけで選別漏れと判断したわけで、ホントに難しいです。


↓選別漏れ水槽です。ウジャウジャになってきました。稚エビも爆殖中です。
P1380644r.jpg

↓この水槽の稚エビをよ~く見てみると、親はバンドだらけなのに、こうやってモスラが出たりします。
P1380646r.jpg

↓こちらのモスラ(10mmくらいの稚エビ)は、メインの水槽で今日見つけたのですが、上の画像となんとなく表現が似ている気がします。
P1380666r.jpg

先日、テレビ番組で稲の品種改良を取り上げていたのですが、農産試験場(だっけな?)の方は、色々な種苗を掛け合わせ選別するのはF4からだそうです。F1~F3は個性が固まっていないため選別しないんだそうです。
エビは「F2に期待」との声をよく耳にしますが、稲とはまた違うんでしょうかね。
遺伝子工学も勉強したほうが、良いエビを早く作れそうな気がしてきました。



↓急がば回れ
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


Copyright © 坊主頭チビのエビ日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。