アクセスカウンタ(2010.4.17-)
プロフィール

坊主頭チビ

Author:坊主頭チビ
ちびです。坊主頭です。
お金をかけずに、手間暇かけてエビの飼育を楽しみたいと思います。
コメント、リンク大歓迎です。

※どうぶつ村とは※
我が家のペット部屋の愛称です。
エビ、魚、ウサギ×1、モル×4、ハム×2がいます。

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
どうぶつ村のなかまたち
もちこ

あずき(2010/9/11里子に出ました)
P1300760resize.jpg
ふうた
CIMG8423resize.jpg
はなこ(2010/10/31里子に出ました)
CIMG8091resize.jpg

赤ちゃんモルたち
 みゅう♀(2010/10/2里子に出ました)
CIMG9663resize.jpg
 チョコ♂
CIMG9666resize.jpg
 ハク♂
CIMG9669resize.jpg

ハムスターたち
ねこ
CIMG8871resize.jpg
くま
CIMG8667resize.jpg
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ジオターゲティング

ジオターゲティング
立上げ履歴






--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.01    カテゴリ:  人工孵化 

   レッドビーシュリンプ人工孵化まとめ

人工孵化について自分なりにまとめてみました。

1.卵は、親エビの☆後、なるべく新鮮なうちに確保する。時間が経つと、他のエビの食害に会い、卵が傷ついている可能性がある。
2.抱卵後の期間はあまり関係ないと思われる。いかに、卵を傷つけずに手に入れるかが最重要。
3.傷付いた卵は、時間とともにクリームがかった朱色になる。
4.孵化にたどり着く可能性があるの卵は、透明度が増して行く。
5.抱卵後、孵化までの日数は23日~25日くらいか。(ママえびのお腹に付いている時と変わらないはず。)
6.エアレーションの直当てよりも、溶存酸素濃度の高い飼育水を充分に循環させるほうが良い。
7.人工孵化用のネットは、エビのいる水槽にセットしない。ネットの外側にエビがたかり、ネットの網の隙間から卵をツマツマする場合もある。(多分)
(7.追記しました。2010/7/1)


私の、鉄板人工孵化装置。(装置って程でもないけど)
以前紹介した、ブリラントフィルターの出口に加工したパイプをセットする方法で、試していた卵は、こちらの装置に移してあります。透明度の高い卵が4つあり、順調に育っている様子です

人工孵化用のサテライトを用意。吸水パイプは、下半分をテトラのブリラントに改造。
P1300129r.jpg

ネットは、よくある100円くらいの網の持ち手を下側に曲げて安定させる。四角い枠の部分も出水口に合わせて曲げる。
吸水パイプからエアをたっぷり含んだ水が、ネットの中に落水。水はネットを通り抜けてサテライトへ。
この時、エアが破裂する微妙な振動が、抱卵中のママエビが腹びれ(?)を動かして、新鮮な飼育水を卵へ送る動作と同じ効果があるものと思われる。
P1300134r.jpg

こちらは、吸水を止めた画像。ネットの底に卵が見える。朱色はダメになった卵。濃い茶色が無事に育っている卵。
何が気がついたことがあれば、追記してアップします。
P1300142r.jpg

とにかく、重要なのは、新鮮な卵を出来るだけ傷つけずに取り出す事だと思います。
ヌルヌルした☆になったエビのお腹から、卵を掻きだすのは結構グロイです><


↓日本ブログ村に参加しています。ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
訪問ありがとうございます。

私も坊主頭チビさんのブログは毎日訪問させてもらってます。

人工孵化のまとめ。
異論ありません。まったくそのとおりだと思います。私も装置(というほどではないすけど)は一緒です。
そして、同じく百均の網が一番よいと思います。


最初、茶漉しを使ったんですが網を通り抜ける卵がありました。
小さいとなおさらですね。
ebinistさんの朗報が待ち遠しいです。
まとめの、7番を追加し、記事のタイトルも変更してみました。









Copyright © 坊主頭チビのエビ日記 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。